日本で一番暑いところは各自治体が競っていてアピール合戦をしていますが、せいぜい41度くらいで競っています。

しかし世界的にみると、とてつもない気温を観測した場所がありまず。それはアメリカにあるデスバレーという場所です。まさに名前の通り死の谷にふさわしいところです。

デスバレーで1913年観測された57度という記録はまだ破られていないみたいです。

というような場所なので夏場に行くと死を覚悟していく必要があります。聞いた話では路面も高温になるため車のタイヤが溶けるそう。57度までいけば路面温度は凄まじい高温になるはずですので、夏は絶対に行かない方がいいかと思います。

ちなみに自分は秋に行きましたがそれでも結構暑かった記憶あります。

デスバレーの見どころはたくさんありますが、バッドウォーターは外せません。
塩湖が干上がってしまい、あたり一面が塩の結晶で満たされています。ここは海抜がなんとマイナス86メートルで海より低いところです。



ウユニ塩湖と比べると規模は小さいですが、それでもかなり広い範囲で塩の海が広がります。

デスバレー内を車で走ると地球上の景色とは思えず、思わず火星にでも来たような不思議な感覚になります。




こんなところで車が動かなくなったら死の覚悟必要かも・・



行き方はラスベガスから車が便利です。2時間程度で到着することができるので機会があればぜひ行ってみてください