GoToイートで貯まったポイントの有効期限が3月末に迫って来たので銀座にあるミシュランのスペイン料理レストランを予約して訪問しました。





Arroceria La Panzaというお店でミシュランのビブグルマン(星は付かないが、お手頃価格で良質な料理を提供するお店)に3年連続で選ばれています。

ワンドリンクオーダー制なのでサングリアを頂きます。あまりアルコールは強くなく飲みやすいです。


ちなみに以前、アメリカのスペイン料理屋でサングリア注文したら、ほぼウォッカで日本で飲むサングリアとは全く別物だったこともあります。

今回は以下のコース料理を事前に予約しました。税抜きで4800円とリーズナブルな価格設定です。



基本フィックスメニューですがパエリアは以下のメニューから好みのものを選ぶことができます。



まず最初はイベリコ豚の生ハムです。
その場でカットしてくれるので切りたての生ハムがいただけます。





続いて季節のスープになります。濃厚なスープでトッピングされているスペイン産の唐辛子が味のアクセントになって美味しいです。



チョリソのクロケタスはアツアツの状態で提供され切ると中からとろっとしたクリームが溢れてきます。



イカスミのプニュエロスは初めて食べました。アリオリソースの上にイカスミが練り込まれたイカの練り物のような料理で、これが絶品でした。噛むほどに旨みが口いっぱいに広がりました。



塩タラと白インゲン豆のサラダです。塩タラは現地ではバカラオと呼ばれているソウルフードです。塩タラの塩味とインゲン豆の甘味のバランスが絶妙でした。



イトヨリの鉄板焼きマリネラソースです。イトヨリの皮がパリッと芳ばしくソースとのハーモニーが素晴らしかったです。



お米料理は定番のパエリアではなく、小海老のカルデロ(リゾットのような料理)にしてみました。鍋に入った状態でテーブルまで運ばれます。



お米が一粒一粒存在感がありしっかりとお米の歯応えが感じられてコクもあり、スタッフさんが人気メニューの一つというだけのことはあります。付け合わせでアリオリソースと絡めて味変させて最後まで楽しく味わえます。



デザートはミルクケーキで酸味のあるリンゴのスライスと一緒に食べると思わず笑顔になってしまいます。



デザートと一緒にアールグレイも付いてきます。香り高く美味しい紅茶を頂きました。

店内はこじんまりしていてインテリアも素敵でくつろげるお店でした。



会計はコース料理代のみGoToポイントを使ってワンドリンク分のみ支払いました。

これだけの内容のコースメニューでこの価格はさすがミシュランがピブグルマンに選ぶだけのお店だと感じました。

ぜひまた来店したいと思います。