GoToイートで貯まったポイントの8900円を使って東京の虎ノ門にあるミシュランのフレンチレストランを訪問しました。




シャルキュというお店でミシュランのビブグルマン(星は付かないが、お手頃価格で良質な料理を提供するお店)に選ばれています。

この店はシャルキュトリー(ソーセージなどの肉加工品の料理)で有名なお店で自家製のシャルキュトリーを提供しています。

2月にも訪問して美味しかったので再来店しました。

最初のアミューズは、イノシシのコンソメジュレです。すごく濃縮された味で舌の上でジュレが溶けて口いっぱいに豊かな香りが広がります。




次はパテのフォアグラのパイ包みです。前回も注文して美味しかったので、また注文してしまいました。




結構ボリューム感があります。サクサクのパイ生地の中は超濃厚なフォアグラのパテが入っていて絶品でした。フォアグラ好きなのでリピート注文して大正解でした。

次はブーダンノアールという豚の血のソーセージです。一度食べてみたいと思っていましたが、食べる機会がありませんでした。今回人生初の豚の血のソーセージです。



ソーセージの下にあるグリンピースのソースがコクがあって美味しくてパンが進みます。豚の血のソーセージも思ったほど癖はなくて柔らかくて繊細且つ濃厚な味で驚きました。




こちらはメインに頼んだ粗挽き牛肉のステーキです。中はレアで表面を炙っただけで素材の旨みを強調した料理です。赤身肉をしっかり食べたい方にオススメです。味付けはシンプルですが、マスタードやケッパーと一緒に食べて欲しいとのことでした。




デザートは、ポドクレームショコラで濃厚なビターチョコのムースとラズベリーの酸味が絶妙で非常に美味しかったです。

オーナーシェフは、ニースとリヨンで修行されたとのことで、納得の本場の味に仕上がっていました。

フランス料理と言うと少量の料理が出てくる印象がありますが、実際フランスでは、カジュアルなお店であれば、結構ボリューム感のある料理を提供されます。

そんなフランスの大衆料理のお店を彷彿させるお店でした。


会計は、GoToポイントで支払いました。

ぜひまた来店したいと思います。